postheadericon お葬式

日本は信教の自由が認められる無宗教の国ですが、お葬式の多くは仏式で行われています。これは以前日本が仏教国であった時の名残です。とはいえ、日本で最も信者が多いのは仏教であるため、日本は実質的に仏教国的な部分があると言えます。
仏式のお葬式は、通夜と告別式の二段階があります。一般には通夜と告別式をひっくるめたお葬式の儀式全般を指して、葬儀(葬祭)と呼びます。

日本では葬儀(葬祭)を行う際に、葬儀屋に依頼することが一般的です。しかし、一般の葬儀屋とは異なった互助会という制度も日本では同時に存在しています。

互助会とは元々、葬祭専門の業社を表す言葉ではなく、お互いに助け合う集まり全般を指して互助会と言いました。しかし、現在では一般的に葬儀や結婚式などを助けてくれる業社のことを指す場合g多いです。
葬祭や結婚式は人生の2大セレモニーと呼ばれるものであり、互助会はそのどちらもの運営を助けてくれます。
基本的に互助会は葬儀や結婚式のために資金を積立ておき、いざ必要となった場合に使うというシステムを採用しています。人の死は特に突然である場合もあるため、葬儀資金を積み立てておくことは、非常に重要であると言えます。

おすすめサイト

archive
category
  • カテゴリーなし
calendar
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031